オークション代行での車売却のメリットと交渉をする手間

車の高額売却を目指すのであれば、業者との交渉が必要になる事もあります。交渉次第で金額が数万円ほどアップしている事もあるので、金額を優先したい時には、確かにそれは必要なのですね。
しかし人によっては、それが少々手間だと感じている事もあります。

交渉は手間がかかるもの

そもそも買取専門店と交渉をする時には、やはり時間がかかるでしょう。買取店による査定自体は15分程度で完了しても、スタッフとの交渉で30分や1時間ほどかかっている事例も決して珍しくありません。それだけ多くの時間が取られてしまう訳ですね。
何よりスタッフの方と交渉をするのは、かなりの労力が必要です。もちろんそれも大きな手間になってしまうでしょう。
出典:クラウンアスリートの下取り価格

業者との交渉は不要なオークション代行

ところで車の売却方法には、オークションの代行業者もあります。その業者の場合は、上記のような手間がほとんどないのです。
その業者で車の売却をする際には、まず代行業者から落札相場を聞く事になります。その金額を参考に最低希望額を決めるだけですので、基本的には代行業者とのやり取りは発生しないのですね。
ちなみにオークションでも、一応金額交渉は行われてはいます。しかし交渉を行うのは、オークションの業者同士です。車の売り手が、業者と交渉を行う事はまずあり得ません。ですのでオークションの場合は、上記の買取専門店のようなデメリットは無い訳ですね。手間を抑えて車の売却を行いたいと思っているのであれば、買取専門店よりはオークション代行の業者の方が良いでしょう。
しかもオークションの場合は、専門店よりは高く売れる事が多いです。少ない手間で車の高額売却が成立しやすい訳ですから、やはり代行業者で売るメリットは大きいでしょう。

About

Categories: 買い替え術 |
[TOP]